2009年03月05日

自転車チャレンジャー!!

思い切ってチャレンジ勝ち誇りしちゃった片山Rです。何をチャレンジしちゃったかというと・・・
ボトルケージの再取り付け。人差し指サイン


それのどこがチャレンジじゃい!と思った貴方・・・
早合点しちゃいけませんぜ。横目




これが元々の状態ネ。


マイチャリのCS3200の場合
ボトルケージ用のタボはダウンチューブのみで
シートチューブにはないんだよね。


でもロングライドする事も多い片山Rだし
もうひとつボトルケージをシートチューブにも
増設したってわけ。


両面テープ&タイラップで固定しているんだけど
なかなかしっかりと固定されているし
実用上、これで問題なし。OK!


でもさ・・・やっぱが見た目目がイマイチっしょ。失敗


『ラララ〜〜♪見た目って大事だよネ〜♪』
という事で改めて取り付け直す事にしたわけっスよ。


いろいろと思案した結果・・・
ネジ固定する事に決定!!力こぶ


つまりですねー・・・
通常のボトルケージと同じように固定出来るように
シートチューブにタボを開けちゃいます。びっくり


シートチューブに穴を開けて
タップを切ってネジ固定出来るよーにと
考えたちゃった片山R。うっしっし


早速友人に相談吹き出しコメントしたところ
問題点が発覚!!


問題1.タップを切るのは簡単だけど
チューブの厚みの関係で十分なネジ山を確保出来るのかよ?


問題2.ドリルで穴を開ける際にダウンチューブが邪魔になり
穴を開けるのが大変じゃね?


以上2点の問題発覚で
一旦は頓挫しちゃったボトルケージ再取り付け計画。困り


でも、こんな事くらいでめげる片山Rじゃありやせんぜ。


数日思案に暮れた挙句
出した結論は・・・
シートチューブを完全に貫通する穴を開けて
ボルト&ナットで固定するって案。人差し指サイン


これなら後輪を外して
シートチューブの裏側から穴を開ければ
ドリルを邪魔するものは無し。


我ながら良案ですな。おやゆびサイン


さて、シートチューブを貫通させるとなると
当然シートチューブ裏側にナットが付く事になるよね。
この場合懸念されるのが
後輪とナットが接触しないかって事。


でも心配はご無用!OK!2


我がマイチャリは
元は思いっきりコンフォートなクロスバイクだから
シートチューブと後輪の間が広く開いてる。


そんな訳でシートチューブに
数ミリの出っ張りが出来たとて
ノープロブレムですよ。うっしっし


作業計画が出来たところで
早速作業に取り掛かる片山R。


先ずはボトルケージを取り外して
穴を開ける場所に印エンピツを付ける。


これは非常に重要な作業で
ここで印の位置がずれていると
全ての作業がパーNGになっちゃうから
慎重に位置合わせをして印を付けました。


印を付けたら次にドリルでの穴あけ。
これ一発勝負だから・・・
正に真剣に作業せんといけませんな。勝ち誇り


慎重にドリルの先を印に合わせて
スイッチオン!!


ウィ〜〜ン・・・おおっ、順調に穴が開いてくぞー!顔1(うれしいカオ)


あっさりと貫通。
う〜ん・・・あっさり過ぎてつまらん。横目


二つ目の穴あけ作業開始。
これもあっさり終了・・・。


チョイと拍子抜けする程のあっさりさ。
『案ずるより産むがやすし・・・』なんてなことわざもあるけど
正にその通りでしたな。




これはチャリを逆さにして
シートチューブ裏側からの画像ね。
ポツンと2つ穴が開いているのが分かるかな?


穴さえ開けちゃえばこっちのもの・・・だけど
手持ちにあるボルトだと
ちょーど良い長さのモノがなかったんだよね。


そこで万力と金鋸を引っ張り出してきて
ボルトをちょん切って長さ調整完了。


早速ボトルケージを取り付けてみると・・・
こんな感じ〜〜♪にこにこ




どう? タイラップなんてな目障りなモノがないから
とってもスッキリしちゃったでしょ。


裏側はこんな感じですぜ。




ナットもそんなに目立たないよね。
いい感じに仕上がったなあ〜〜♪


それにしても・・・ハンドルカットしちゃう人は珍しくないけど
小さな穴とはいえ・・・
フレームに穴を開けちゃう人は少ないっしょ!?泣き笑い


ま、この程度の穴を開けたところで
フレーム剛性が落ちる訳じゃないし
やっぱ見た目って大切だよね〜〜♪



クロスバイクランキング】←ランキング参加中。ポチッ上指差しとよろしく八分音符うっしっし
にほんブログ村 自転車ブログ
posted by 片山R at 00:49| Comment(10) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよーございます。
わ〜ん、マネできましぇ〜ん。思い切れましぇ〜ん。
おいらの”第3のケージ”は相変わらず両面テープとタイラップで放置しま〜っす。
Posted by るいだり at 2009年03月05日 08:26
るいだりさん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

シートチューブにもボトルケージ用のタボがあれば、
わざわざこんな事をする必要はなかったんですけどねぇ・・・。泣き笑い

るいだりさんはボトルケージを3つも付けてるんですか?
これなら輪行袋をセットしてもボトルが2本持てるので便利ですね。OK!
Posted by 片山R at 2009年03月05日 08:54
おはよう
ございます。顔1(うれしいカオ)
凄いですね〜
考えましたね。
穴と言えば…
私の愛車は見えないところに穴を開け、シートピラーやフォークコラムの無駄な分を切ったりしてますよ。
Posted by チャリンコ大佐 at 2009年03月05日 09:15
そうなンです。 ↓こんな感じで・・・
http://blog.auone.jp/ruidari/?p=0&disp=entd_p&EP=31130568
Posted by るいだり at 2009年03月05日 09:23
チャリンコ大佐さん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

おおっ、ここにも同士がいたんですね〜。びっくり
元が安価なクロスバイクなので思い切って穴を開けちゃいましたが、
もしこれがコルナゴやトレック辺りのハイエンド・クロスバイクだったら・・・
決してこんな無謀な事はないですね。しょぼり

もっとも、この手のモデルなら初めからタボがありますから、
穴を開ける必要なんて無いですけどね。泣き笑い
Posted by 片山R at 2009年03月05日 09:42
るいだりさん、早速ブログを拝見目しました。
ダウンチューブの前側にもボトルケージがあるのを確認しました。
この位置にあると雨天時は・・・大変ですね。困り

それとこの記事には、以前私がコメント吹き出しコメントを書いていましたが、
ボトルケージが3個ある事には気付きませんでした。ほえー
Posted by 片山R at 2009年03月05日 09:47
なるほど!
ドリルが垂直に当てられないなら裏側から貫通、よく思いつきましたね!

まさに発想転換、だいぶスッキリして仕上げも完璧ですね!
Posted by MI−YAN at 2009年03月05日 13:24
MI−YANさん、こんにちは!顔1(うれしいカオ)

はい、お察しの通りでございます。平謝り
ナットも余り目立ちませんし、
私がやった割には良く出来た方だと思います。おやゆびサイン
Posted by 片山R at 2009年03月05日 15:22
フレームにドリルで穴を開けるなんて、随分思い切りましたね。
読んでいてドキドキしちゃいましたが、
穴の開ける位置もぴったり成功されたようで良かったです。
出来上がりは、すごくすっきりしていい感じですね。
Posted by くろばい at 2009年03月06日 23:04
くろばいさん、こんにちは!顔1(うれしいカオ)

もしマイチャリがコルナゴやピナレロといったメーカーだったら、
きっと穴など開ける事はなかったと思います。
ま、穴を開けるまでもなくタボがあるとは思いますけどね。からかう(あっかんべえ)

作業した翌日にボルト&ナットを交換循環矢印したので、
仕上がりもぐ〜んと良くなりました。おやゆびサイン
Posted by 片山R at 2009年03月07日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。