2009年02月20日

自転車凄いぞ!中野浩一。

自転車レースには疎い片山Rです。チャリ自転車に限らず自動車やオートバイレースにも疎いけどね。
特にチャリに凝り始めたのは最近だから
輪を掛けて疎かったりしちゃうんですよー。横目


片山Rが知っているチャリレーサーといえば
世界選手権10連覇の元競輪選手だった【中野浩一】と
ツール・ド・フランス7連覇の【ランス・アームストロング】くらい。しょぼり


あっ、そーいや・・・
インターマックスの社長さん(名前は知らん)も
有名な選手だったんだってね。


とにかくレースの『レ』の字もしらない片山Rが
何気なくウィキペディアで『中野浩一』で検索してみた。人差し指サイン


実は、つい先日チャリにも乗るアマチュア無線アンテナ(位置情報マーク)仲間と話をした時に
『中野浩一は、ヨーロッパじゃ英雄なんだよ吹き出しコメント』と教えられてさ
それでチョイと興味を持った次第っス。うっしっし


ま、いくらチャリレースに疎いとはいえ
中野浩一氏の名前くらいは知ってましたよー。


だって昔はカツラのTVCMにも出てたし
世界選手権で連覇している時なんかだって
度々報道されていたからね。


ま、今だってTVなんぞでお顔を見掛けますしな。


で、件のウィキペディアなんだけどさ・・・
これ読んでみて中野浩一氏の凄さが多少分かったよーな気がする。
チャリ競技が盛んなヨーロッパでの人気は
国内のそれを圧倒的に超えているらしいし
選手としての評価も高い上向きカーブ矢印んだね〜〜。おやゆびサイン


海外において高く評価されているってのは
同じ日本人としては嬉しい限りだけど
残した業績の割には国内での評価はイマイチみたい。


これってチョッと悲しくないかい・・・。わからん


国内では、『所詮は公営ギャンブルの選手』くらいにしか
思われていないのかも・・・ね。涙ぽろり


片山Rはギャンブルはしません。NG
博才が全く無いのをよ〜く自覚しているからね。
もちろん競輪の車券チケット・キップも買った事ないっスよ。


でもチャリが趣味に加わってから
競輪に対する見方も多少変わったかな。
ま、相変わらず車券は買わないけどさ。


話を逸れちゃったけど・・・
とにかく中野浩一氏って凄い人だったのね。泣き笑い



クロスバイクランキング】←ランキング参加中。ポチッ上指差しとよろしく八分音符うっしっし
にほんブログ村 自転車ブログ
posted by 片山R at 08:52| Comment(8) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

日本のプロスポーツでは「競輪選手」がダントツに数が多い中
中野サンはその頂点を極め、海外の競技でも活躍されましたね

自転車競技そのもののあり方が欧米と日本ではあまりに違うようですが
「競馬」もまたヨーロッパでは「貴族の遊び」だったりしましたから
国際的な評価の違いは歴史や文化の違いそのものかもしれませんですね
Posted by やすじい at 2009年02月20日 13:33
こんにちは。顔1(うれしいカオ)
私は乗り物のレースは子供の頃から大好きですね。
ちなみに、インターマックスの社長さんは96年ツールドフランスに出場した今中大介さんですよ。自転車ロードレースなら過去にジロデイタリアに日本人選手が出てましたね。
私はロードレース以外はあんまり詳しくなくて、中野浩一さんや、北京五輪ケイリン銅メダリストの永井清史選手と、近所に住んでた元競輪選手のじいさんぐらいしか知らないです。
Posted by チャリンコ大佐 at 2009年02月20日 15:01
私も自転車レース疎いです。^^;
でも前に偶然テレビでやっていた外国の自転車レース
(おそらくツールド・フランス)を見た時は見入ってしまいました。
きれいな景色と迫力ある走りは、一見の価値ありでした。
中野浩一さんは、確かにあまり「すごーい」というイメージないかも。
そんな外国では有名な方だったんですか。
確かに中野さんの活躍されていた時代は、自転車=競輪=ギャンブルって
イメージでしたし、国内ではあまりスポーツ自転車も浸透してませんでしたもんね。
Posted by くろばい at 2009年02月21日 00:34
競馬が趣味じゃないのに、ジョッキーや馬のおっかけで、競馬場にいるギャルがいましたっけ。
競輪にも、そういうのいるのかしら。

私、あんなにスピード出てますし、ブレーキないし、正直、競輪は怖いです。
Posted by ナス田楽 at 2009年02月21日 01:14
やすじいさん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

競輪の場合、あくまでギャンブル羽のはえたお札であってスポーツと捉える方はまだ少数派でしょうか。そんな私も最近は多少見る目目も変わってきたようで、以前程競輪に対して距離を感じません。ま、車券チケット・キップを買おうとまでは思いませんが・・・。うっしっし

ギャンブルの範疇とはいえ、多くの方から競輪が『競技自転車ダッシュ』として認知されるに至ったのは、中野浩一氏の貢献大でしょうね。おやゆびサイン
Posted by 片山R at 2009年02月21日 09:37
チャリンコ大佐さん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

私は、ニックネームの元となっている『片山敬済』が好きです。片山敬済氏は、オートバイの世界GP(現在はモトGP)で日本初のシリーズチャンピオンくす玉(アタリのくす玉)になった方です。

そんな訳で片山敬済氏が現役で活躍していた頃の世界GPなら多少は知っているのですが、自動車車や自転車自転車に関しては・・・特に自転車は無知と言ってもよい程です。わからん
Posted by 片山R at 2009年02月21日 09:44
くろばいさん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

TVテレビでツール・ド・フランスをご覧になられたようですね。
私は未だに観た事がありません。
何故かというと・・・興味がないNGからなんですよー。
自転車に限らず自動車やオートバイもそうです。ほえー

そんな私でもアルプスやピレネーを走る・・・景色は楽しめそうですね。
今年は気が向いたら観てみたいと思います。顔1(うれしいカオ)
Posted by 片山R at 2009年02月21日 09:48
ナス田楽さん、おはようございます!顔1(うれしいカオ)

競馬場うまは、おじさんばかり・・・というイメージは、今では払拭されましたね。
ま、ギャンブルには変わりは無い訳ですが、以前のような殺伐としたイメージは払拭されたと思います。OK!

競輪の自転車にはブレーキが付いていませんが、以前聞いた話では、競技の性格上、ブレーキがあると返って危ないどんっ(衝撃)んだそうですよ。
Posted by 片山R at 2009年02月21日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。